立正大学 教員情報     
   TOPページ   


    (最終更新日:2018-04-20 13:40:45)
  ヤマモト ヒトシ   HITOSHI YAMAMOTO
  山本 仁志
   性別   男性
   所属   経営学部 経営学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:社会情報システム、エージェント・ベース・シミュレーション 
■ 論文
1. News audience fragmentation in the Japanese Twittersphere (共著) 2018/04 Link
2. A Theoretical Approach to Norm Ecosystems : Two Adaptive Architectures of Indirect Reciprocity Show Different Paths to the Evolution of Cooperation (共著) 2018/02 Link
3. A norm knockout method on indirect reciprocity to reveal indispensable norms (共著) 2017/03 Link
4. The Evolution of Reputation-Based Cooperation in Regular Networks (共著) 2017/01 Link
5. Exploring an Effective Incentive System on a Groupware (共著) 2016/10 Link
6. How to keep punishment to maintain cooperation: Introducing social vaccine. (共著) 2016/02 Link
7. The Effect of Incentives and Meta-incentives on the Evolution of Cooperation (共著) 2015/05 Link
8. What Affects the Spiral of Silence and the Hard Core on Twitter ? An Analysis of the Nuclear Power Issue in Japan (共著) 2015/04 Link
9. 情報集約範囲の拡大は文化の多様性をもたらすのか (共著) 2014/09 Link
10. Twitterにおける意見の多数派認知とパーソナルネットワークの同質性が発言に与える影響 -原子力発電を争点としたTwitter上での沈黙の螺旋理論の検証- (共著) 2014/08 Link
全件表示(38件)
■ 著書・その他
1. 著書  T. Terano et.al(Eds.), Agent-Based Simulation: From Modeling Methodologies to Real-World Applications, Springer (共著) 2005/10
2. 著書  R. Falcone et al. (Eds.): Trusting Agents for Trusting Electronic Societies: Theory and Applications in HCI and E-Commerce, Springer (共著) 2005/09
■ 学会発表
1. 2018/03/14 協力を生み出す規範と維持する規範:規範ノックアウト手法を用いたエージェントシミュレーションによる分析(第15回社会システム部会&第59回システム工学部会合同研究会)
2. 2018/03/04 規範ノックアウト手法を用いた協力の進化のための必須規範の分析(ゲーム理論ワークショップ2018)
3. 2018/02/06 恩送りという幻想 -公正世界信念がもたらすUpstream互恵性-(第24回社会情報システム学シンポジウム)
4. 2018/02/06 人の持つ間接互恵規範の分類と他の規範に対する認識(第24回社会情報システム学シンポジウム)
5. 2018/02/06 他者に対する規範の推測がネットワークサイズに与える影響(第24回社会情報システム学シンポジウム)
6. 2018/01/03 Social Simulation on Social Dilemmas(Hawaii International Conference on System Sciences)
7. 2017/09/28 Is an unsung hero necessary? An analysis of social norms required for the transition to cooperative societies(The Social Simulation Conference 2017)
8. 2017/09/26 Expectation for response encourages social media(The Social Simulation Conference 2017)
9. 2017/09/15 Norm ecosystem on evolution of cooperation(合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017)
10. 2017/09/07 認知のゆがみがもたらす懲罰および報酬行動への影響について(平成29年 電気学会 電子・情報・システム部門大会)
全件表示(153件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2012(JAWS2012) 最優秀論文賞 受賞
2. 2011/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2011(JAWS2011) 最優秀論文賞
3. 2010/10 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2010ベストポスター賞,ベストプレゼンテーション賞
4. 2006/09 日本社会情報学会 第20回全国大会 研究発表賞受賞
5. 2006/09 日本社会情報学会 平成18年度論文奨励賞受賞
6. 2005/09 日本社会情報学会 第19回全国大会 研究発表賞受賞
7. 2004/09 日本社会情報学会、平成16年度大学院学位論文賞(博士論文、論文奨励賞)
8. 2001/10 日本社会情報学会 第15回全国大会 研究発表賞受賞
9. 1998/06 経営情報学会 1997年秋季全国研究発表大会 大会発表賞受賞
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  AI規範の確立に向けた規範エコシステムの理論的・実証的メカニズムの解明 基盤研究(B) 
2. 2017/04~2021/03  監視の強化は規範意識に影響を 与えるか:監視システムの理論化と実証分析 基盤研究(B) 
3. 2016/04~2019/03  高次報酬懲罰系による社会的ジレンマの解決 基盤研究(B) 
4. 2015/04~2019/03  ソーシャルメディアにおける世論の極化メカニズムの解明 基盤(C)特設分野研究 
5. 2014/04~2017/03  地域SNSを基盤とした災害時支援コミュニティシミュレータの開発 基盤研究(C) 
6. 2013/04~2015/03  ツイッター上の情報流による世論形成過程 その他の補助金・助成金 
7. 2011/04~2013/03  SNSにおける導入効果および活性化メカニズムの解明と支援ツールの構築 基盤研究(C) 
8. 2010/04~2013/03  ソーシャル・メディアによる組織コミュニケーションの有効性に関する研究 基盤研究(B) 
9. 2010/04~2013/03  エージェントシミュレーションによる新たな消費者行動モデルの開発と分析 基盤研究(C) 
10. 2010/04~2012/03  消費者発信メディアの発展がクチコミおよび消費行動に与える影響の研究 基盤研究(C) 
全件表示(12件)
■ 学歴・取得学位
1. 2000/10~2003/09 電気通信大学大学院 情報システム学研究科博士後期課程 博士課程修了 博士(工学)
■ 所属学会
1. 2014/04~ 電気学会
2. 2012~ 日本社会心理学会
3. 2010/11~ 電子情報通信学会
4. 2000/04~ 情報処理学会
5. 2000/04~ 日本社会情報学会
■ 主要授業科目
情報システム論

mail