(最終更新日:2018-06-29 15:39:58)
  シバタ リョウ   RYO SHIBATA
  柴田 龍
   所属   法学部 法学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
民事法学 (キーワード:使用者責任、過失責任、医療過誤) 
■ 論文
1. 論文  共同不法行為における使用者間の求償・最判平成3年10月25日民集45巻7号1173頁 (単著) 2018/01
2. 論文  損害額と自賠法に定められた基準の影響・最判平成18年3月30日民集60巻3号1242頁/最判平成24年10月11日交民集45巻5号1065頁 (単著) 2018/01
3. 論文  自動車の同乗者に対する安全配慮義務の成否・最判昭和58年5月27日民集37巻4号477頁 (単著) 2017/10
4. 論文  過失不法行為における義務付けとしての引受けと政策的考慮
-イギリスにおける「責任の引受け」概念を中心に- (単著) 2017/03
5. 論文  認知症高齢者の事故と配偶者・子の損害賠償責任-最高裁平成28年3月1日第三小法廷判決- (単著) 2016/09
6. 論文  責任弁識能力のない未成年者の加害行為と親の監督者責任-最高裁平成27年4月9日第一小法廷判決- (単著) 2016/03
7. 論文  有料老人ホーム運営者の褥瘡予防等に関する注意義務違反が否定された事例 (単著) 2016/03
8. 論文  第3次不法行為法リステイトメントにおける予見可能性の機能 (単著) 2015/05
9. 論文  イギリスにおける委譲できない義務の存在意義 (単著) 2011/10
10. 論文  イギリスにおける代位責任と自己責任の交錯
―2001年Lister v. Hesley Hall判決を契機として― (単著) 2010/09
全件表示(12件)
■ 社会における活動
1. 2018/04~ 明治大学自動運転社会総合研究所客員研究員
2. 2017/09~2018/03 株式会社テクノバ 平成29年度「高度な自動走行の社会実装に向けた研究開発・実証事業 自動走行の民事上の責任及び社会受容性に関する研究」(経済産業省 国土交通省 委託事業)模擬裁判WG委員
■ 学歴・取得学位
1. 2006/04~2012/03 明治大学大学院 法学研究科博士後期課程 博士課程中退
2. 2003/04~2005/03 日本大学大学院 法学研究科 修士課程修了 修士(法学)
3. 1999/04~2003/03 明治大学 法学部 卒業
■ 所属学会
1. 2017/05~ 日本交通法学会
2. 2017/04~ 日本法律家協会
3. 2016/10~ 環境法政策学会
4. 2012/06~ 比較法学会
5. 2011/05~ 日本私法学会
■ 主要授業科目
物権法、不法行為法