(最終更新日:2018-07-23 14:25:27)
  イシカワ アカネ   AKANE ISHIKAWA
  石川 茜恵
   所属   社会福祉学部 子ども教育福祉学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
教育心理学 (キーワード:発達心理学、青年心理学、時間的展望) 
■ 論文
1. 論文  青年期後期における過去のとらえ方と精神的回復力の関連 (単著) 2017/02
2. 論文  青年期における過去のとらえ方タイプから見た目標意識の特徴―時間的展望における過去・現在・未来の関連― (単著) 2014/06
3. 論文  青年期における過去のとらえ方研究の今後の展開―三好昭子氏のコメントに対するリプライ― (単著) 2014/02
4. 論文  青年期における過去のとらえ方の構造―過去のとらえ方尺度の作成と妥当性の検討 (単著) 2013/02
5. 論文  青年期における過去評価の規定要因―時間的展望の枠組みでとらえる過去― (単著) 2012/02
6. 論文  時間軸からみた自己形成のプロセス (単著) 2010/02
7. 論文  青年期における自己形成―志向性と経験からみた自己形成 (単著) 2009/02
■ 著書・その他
1. 著書  ノードとしての青年期 (共著) 2018/04
2. 著書  レクチャー青年心理学―学んでほしい・教えてほしい青年心理学の15のテーマ― (共著) 2017/03
■ 学会発表
1. 2017/09 過去・現在・未来の有機的な関係をどのように実証研究に組み込むか(第81回日本心理学会)
2. 2017/09 青年期の時間的展望:現在を起点とした過去のとらえ方からみた未来への展望(第81回日本心理学会)
3. 2017/08 Effect of workshop constructing goals based on time perspective theory(18th European Conference on Developmental Psychology)
4. 2017/04 時間的展望理論に過去をどう位置づけるか―青年期における時間的展望を中心に考える―(心理科学研究会春の研究集会)
5. 2016/08 Effectiveness of writing a letter about life to others on construction of time perspective(Ⅲrd International Conference on Time Perspective)
6. 2016/07 Time perspective in motivational context(31st International Congress of Psychology)
7. 2016/05 青年心理学への期待と課題:青年心理学の新展開(10)(日本発達心理学会第27回大会)
8. 2015/11 日本青年心理学会における国際交流について(国際交流委員会企画シンポジウム)
9. 2015/03 時間的関連性尺度の作成と妥当性の検討
10. 2015/03 未来と過去に広がる時間的展望―時間的展望研究の国際的潮流―(ラウンドテーブル)
全件表示(26件)
■ 社会における活動
1. 2013/04~2016/03 特定非営利活動法人ことばのいずみ教室 指導員
2. 2010/06~2011/03 武蔵野市立小・中学校 サポートスタッフ(SS)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  大学生の社会認識が時間的展望と行動に与える影響に関する2年間の縦断的調査 若手研究 (キーワード:時間的展望、社会認識、大学生、縦断的調査)
■ 学歴・取得学位
1. 2010/04~2015/03 中央大学 文学研究科 心理学専攻 博士課程修了 博士(心理学)
2. 2008/04~2010/03 中央大学 文学研究科 心理学専攻 博士課程修了 修士(心理学)
3. 2004/04~2008/03 中央大学 文学部 教育学科心理学コース 卒業 学士(教育学)
■ 所属学会
1. 2017/04~ 心理科学研究会
2. 2016/12~ 日本キャリア教育学会
3. 2014/04~ 日本心理学会
4. 2012/04~ 日本教育心理学会
5. 2011/04~ 日本パーソナリティ心理学会
6. 2010/08~ 日本発達心理学会
7. 2008/05~ 日本青年心理学会
■ 主要授業科目
幼稚園実習1の研究、施設実習1の研究、施設実習2の研究