(最終更新日:2018-08-21 16:49:28)
  タケベ マサヤ   MASAYA TAKEBE
  武部 匡也
   所属   心理学部 臨床心理学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
スポーツ科学, 臨床心理学 (キーワード:イップス、スポーツ精神医学、完全主義、コンパッション、予防、食行動異常、摂食障害、禁煙、怒り反すう、感情制御、NIRS、マインドフルネス、攻撃行動、認知行動療法、怒り) 
■ 論文
1. 論文  大学新入生における寮生活が入学後の適応感に与える影響の縦断的検討―調整要因としての感情制御能力― (共著) 2018/03
2. 論文  The Effects of Anger Rumination and Cognitive Reappraisal on Anger-in and Anger-control (共著) 2017/07
3. 論文  子ども用怒り感情尺度の作成と信頼性,妥当性の検討 (共著) 2017
4. 論文  児童青年期の怒りに対する認知行動療法の展望 (共著) 2016/12
5. 論文  Anger Rumination as a Risk Factor for Trait Anger and Anger-In; A Longitudinal Study (共著) 2016/10
6. 論文  データ付きポスター掲示によるたばこの不適切投棄の軽減効果 (共著) 2016
7. 論文  The Mediating Role of Anger Rumination in the Associations between Mindfulness, Anger-in, and Trait Anger (共著) 2015/06
8. 論文  怒りの抑制に関するポジティブな信念と怒りの対処方法および社会的スキルの関連性 (共著) 2015/02
9. 論文  大学生における完全主義が社交不安および抑うつに及ぼす影響 (共著) 2014/06
10. 論文  怒りの対処方法に関する臨床的問題と介入研究の動向 (共著) 2014/06
全件表示(11件)
■ 著書・その他
1. その他 禁煙を希望する大学生に対して心理学的禁煙支援策を適用した一事例―Mindfulness-Based Relapse Prevention― (共著) 2017/06
2. その他 マインドフルネスが痒みに対する不安から健康関連QOLの低下に至るプロセスに及ぼす影響 (共著) 2016/11
3. その他 マインドフルネスと怒り反すう 縦断研究 (共著) 2016/11
4. その他 従来の認知行動療法と組み合わせて用いるマインドフルネス 喫煙への渇望感低減に向けたマインドフルネスの活かし方 (単著) 2016/11
5. その他 職場研修会を利用した介護職員に対するセルフ・コンパッション介入の短期的効果 (共著) 2016/11
6. その他 怒り反すうが特性怒りと怒りの抑制に与える影響の縦断的検討 (共著) 2016/10
7. その他 担任教師の自他へのコンパッションが児童の学校適応感およびソーシャルサポートに与える影響 (共著) 2016
8. その他 P1-75 反すうによる怒りの抑制促進効果の実験的検討(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル) (共著) 2014/11
9. その他 P2-20 完全主義が認知的フュージョンに及ぼす影響(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル) (共著) 2014/11
10. その他 P2-69 高社交不安者の回避後の認知内容(一般演題ポスター,認知行動療法のポテンシャル) (共著) 2014/11
全件表示(11件)
■ 学会発表
1. 2017/11/18 A Brief Mindfulness Training for Anger Rumination - A Pilot Intervention(The 51th Association for Behavioral and Cognitive Therapies)
2. 2017/11/17 The Effects of Mindfulness and Distraction on Anger Rumination - A Randomized Control Experiment(The 51th Association for Behavioral and Cognitive Therapies)
3. 2016/10 Trajectories of Mindfulness and Anger Rumination(The 50th Association for Behavioral and Cognitive Therapies)
4. 2016/07/26 Effects of a feedback poster on inappropriate dumping of cigarettes(The 31st International Congress of Psychology)
5. 2016/06/23 Effects of Anger Rumination and Cognitive Reappraisal on Anger-In: A Pilot Experimental Study(The 8th World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies)
6. 2015/11/13 Effectiveness of Mindfulness in Reducing Anger-In and Trait Anger: The Role of Anger Rumination(The 49th Association for Behavioral and Cognitive Therapies)
7. 2015/11/13 The Role of Rumination in the vicious cycle of anger; a longitudinal study(The 49th Association for Behavioral and Cognitive Therapies)
8. 2014/07/05 The Relationships Among Anger-Coping, Social Skills and Positive Beliefs about Anger-In(Adolescent Brain&Mind and Self-Regulation)
■ 講師・講演
1. 2016/10 日本学術振興会特別研究員の申請
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2019/03  子どもの怒りの発現・維持プロセスに関する研究 その他の補助金・助成金 
2. 2018/04~2019/03  大学生アスリートの摂食障害予防に向けた基礎研究―大学生アスリートとその親,コーチの完全主義が,アスリートの摂食障害症状に与える影響― その他の補助金・助成金 
3. 2016/04~2018/03  NIRSによる怒り感情制御プロセスの生理的基盤の解明 特別研究員奨励費 
4. 2014/10~2015/02  マインドフルネスによる特性怒り緩和のメカニズム その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 2015/04~2018/03 関西大学大学院 心理学研究科 心理学専攻
2. 2013/04~2015/03 信州大学大学院 教育学研究科 学校教育専攻 臨床心理学専修
3. 2008/04~2013/03 中央大学 法学部 政治学科
■ 所属学会
1. Association for Behavioral and Cognitive Therapies
2. 日本禁煙科学会
3. 日本心理学会
4. 日本認知・行動療法学会
5. 日本認知療法学会
■ 主要授業科目
心理学基礎演習,心理学基礎実験,心理臨床・実践領域実習,社会心理学特論