(最終更新日:2018-10-17 08:38:43)
  スズキパーカー アスカ   ASUKA SUZUKI PARKER
  鈴木パーカー 明日香
   所属   地球環境科学部 環境システム学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
キーワード:気象学、気候学、生気象学 
■ 論文
1. 論文  Contributions of GCM/RCM uncertainty in ensemble dynamical downscaling for precipitation in East Asian summer monsoon season (共著) 2018
2. 論文  流体運動に見られる共振現象とは? (共著) 2018 Link
3. 論文  第3の台風カテゴリー「高温台風」の諸特性 -雨台風・風台風との比較- (共著) 2018
4. 論文  長野市におけるドップラーライダを用いた山風の観測とWRFによる数値実験 (共著) 2017
5. 論文  Extreme precipitation linked to temperature over Japan: Current evaluation and future changes with multi-model ensemble downscaling (共著) 2017 Link
6. 論文  Assessment of RCM and urban scenario uncertainties in the climate projections for August in the 2050s in Tokyo (共著) 2016 Link
7. 論文  Future projections of labor hours based on WBGT for Tokyo and Osaka, Japan, using multi-period ensemble dynamical downscale simulations (共著) 2015 Link
8. 論文  Assessment of the impact of metropolitan-scale urban planning scenarios on the moist thermal environment in a warmed climate: A study of the Tokyo metropolitan area using regional climate modeling (共著) 2015 Link
9. 論文  WBGTに基づいた日本の暑熱環境の将来予測 (共著) 2015 Link
10. 論文  気候予測の注意点 (共著) 2015
全件表示(17件)
■ 著書・その他
1. 著書  日本気候百科 (共著) 2018 Link
2. 著書  環境のサイエンスを学ぼう -正しい実験・実習を行うために- (共著) 2016
3. 著書  Uncertainties and Limitations in Simulating Tropical Cyclones (単著) 2012 Link
■ 社会における活動
1. 2017/06~2017/06 SSH英語発表会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~  埼玉県熊谷市内における熱中症救急搬送の実態把握および気象要素との関連性に関する研究調査 企業からの受託研究 
2. 2017/04~2018/03  神経難病 ALS 患者出征と気象要素の年々変動に関する研究(仮題) その他の補助金・助成金 
■ 学歴・取得学位
1. 2005/09~2011/08 Georgia Institute of Technology College of Sciences, School of Earth and Environmental Sciences Earth and Environmental Sciences 博士課程修了 Doctor of Philosophy
2. 2004/01~2005/05 Georgia Institute of Technology College of Sciences School of Earth and Environmental Sciences 卒業 Bachelor of Sciences
3. 2001/09~2003/06 Shoreline Community College Department of Sciences 卒業 Associates in Sciences
■ 所属学会
1. 2014/05~ American Geophysical Union
2. 2014/05~ International Society of Biometeorology
3. 2013/06~ 日本生気象学会
4. 2011/04~ 日本気象学会
5. 2011/04~ 日本地理学会
■ 主要授業科目
環境気象学実習、物理学実験、地学実験、フィールドワークC