(最終更新日:2019-01-17 15:50:53)
  アオキ カズアキ   KAZUAKI AOKI
  青木 和昭
   所属   地球環境科学部 環境システム学科
   職種   助教
■ 現在の専門分野
統計科学, ヒューマンインターフェース・インタラクション, 環境動態解析 (キーワード:パターン認識、機械学習、ヒューマンインタフェース) 
■ 論文
1. 論文  衛星画像を用いた深層学習による土地被覆土地利用分類 (単著) 2017/07
2. 論文  深層学習を用いた画像認識と物体検出 (単著) 2017/07
3. 論文  E-mail Delivery Mediation System Based on User Interruptibility (共著) 2015/08
4. 論文  Study of Uninterruptible Duration Prediction based on PC Operation (共著) 2015/08
5. 論文  Automatic Delivery Timing Control of Incoming Email based on User Interruptibility (共著) 2015/04
6. 論文  Interruptibility Estimation based on Head Motion and PC Operation. (共著) 2015/01
7. 論文  Improvement of Interruptibility Estimation during PC Work by Reflecting Conversational Status. (共著) 2014/12
8. 論文  Summer School Memories with Prof. Maria in Onuma. (共著) 2014/08
9. 論文  Estimation of Interruptibility during Office Work based on PC Activity and Conversation. (共著) 2014/07
10. 論文  Resumption lag at interruptible timing might not be short in actual environment. (共著) 2014/04
全件表示(17件)
■ 著書・その他
1. 著書  環境のサイエンスを学ぼう―正しい実験・実習を行うために‐野外調査/室内実験/機器分析/データ処理 (共著) 2016/04
■ 学会発表
1. 2018/12 実験実習科目における音声入力アプリケーションを利用した情報 保障(第3回国際ICT 利用研究学会研究会全国大会予稿集. CD-ROM, 2018.)
2. 2018/09 地層を音楽に変換するWebアプリ「Sedimentary Rock!」(日本地質学会第125年学術大会(北海道大学)講演要旨集,295.(2018年9月5日,ポスター))
3. 2017/12 機械学習を用いた気圧配置分類に関する研究(第2回国際ICT利用研究学会研究会全国大会予稿集, CD-ROM.)
4. 2016/12 LiDARを用いた点群による森林計測に関する基礎的研究(第1回国際ICT 利用研究学会研究会全国大会予稿集. CD-ROM, 2016.)
5. 2016/12 埼玉県熊谷市における地表面温度と気温の関係に関する研究(第1回国際ICT 利用研究学会研究会全国大会予稿集. CD-ROM, 2016.)
6. 2016/12 深層学習とクラス決定木を用いた衛星画像からの土地被覆分類に関する研究(第1回国際ICT 利用研究学会研究会全国大会予稿集. CD-ROM, 2016.)
7. 2016/03 クラスに依存した特徴集合を用いたパターン認識手法に関する検討(パーソナルコンピュータ利用技術学会 合同研究会講演論文集第3巻第1号, pp. 25-28, 2016.)
8. 2016/03 衛星画像を用いた土地利用土地被覆分類に関する基礎的研究(第1回国際ICT利用研究学会 研究会予稿集、CD-ROM, 2017.)
9. 2015/12 自治体オープンデータの利活用に関する検討(第10回パーソナルコンピュータ利用技術学会全国大会予稿集,CD-ROM.)
10. 2015/09 PC操作に基づく割り込み拒否度低下タイミングの予測可能性の検討(ヒューマンインタフェースシンポジウム'15, pp.923-928,2015.)
全件表示(36件)
■ 受賞学術賞
1. 2016/12 第1回国際ICT 利用研究学会研究会全国大会 研究奨励賞
2. 2013/09 日本バーチャルリアリティ学会サイバースペースと仮想都市研究会シンポジウム 優秀発表賞
■ 社会における活動
1. 2017/12 こども大学くまがや講師
2. 2017/10 2017年地球観測センター秋の一般公開(ブース出展)
3. 2016/09 こども大学くまがや講師
4. 2013/10 CEATEC JAPAN 2013出展(展示責任者 於:幕張メッセ)「超臨場感テレワークシステム-個人と場の割り込み拒否度推定」(日経産業新聞に記事掲載)
5. 2012/10 CEATEC JAPAN 2012出展(展示責任者 於:幕張メッセ)「超臨場感テレワークシステム」(IT Mediaに記事掲載)
6. 2011/09 企画・運営責任者「パターン認識と統計的学習に関するサマースクール」(於:北海道七飯町)
■ 学歴・取得学位
1. 2008/04~2011/03 北海道大学大学院 情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻博士後期課程 博士課程修了 博士(情報科学)
2. 2000/04~2002/03 北海道大学大学院 工学研究科システム情報工学専攻修士課程 修士課程修了 修士(工学)
3. 1996/04~2000/03 北海道大学 工学部 卒業 学士(工学)
■ 所属学会
1. 2013/08~ ヒューマンインタフェース学会
2. 2010/05~ IEEE
■ 主要授業科目
プログラミングの基礎、プログラミングの応用、環境調査の基礎および実習、環境情報処理実習、フィールドワーク