(最終更新日:2018-06-04 11:57:12)
  モトオカ タクヤ   TAKUYA MOTOOKA
  本岡 拓哉
   所属   地球環境科学部 地理学科
   職種   講師
■ 現在の専門分野
人文地理学 (キーワード:人文地理学、都市地理学、都市研究) 
■ 論文
1. 論文  デジタルアーカイブ的手法を用いたフィールドワークにおける「地理的な見方」の記録と利活用 (共著) 2018/03
2. 論文  戦後都市の河川敷居住の生成・消滅過程:行政対応に注目して (単著) 2018/03
3. 論文  立正大学地理学科による埼玉県・荒川における堤外地研究と今後の展開-自然-社会の動態からみた河川堤外地空間の即応的展開- (共著) 2018/03
4. 論文  戦後都市、「不法占拠/居住」をめぐる空間の政治 (単著) 2017/10
5. 論文  戦後,集団移住へ向けた河川敷居住者の行政交渉ー広島・太田川放水路沿いの在日朝鮮人集住地区を事例にー (単著) 2016/05
6. 論文  戦後,集団移住へ向けた河川敷居住者の連帯ー広島・太田川放水路沿いの在日朝鮮人集住地区を事例にー (単著) 2015/11
7. 論文  1950年代後半の東京における「不法占拠」地区の社会・空間的特性とその後の変容 (単著) 2015/01
8. 論文  神戸長田の記憶風景を描きなおす−まちかどの共在する記憶へ/から− (共著) 2013/03
9. 論文  戦後、消滅した在日朝鮮人の集住地区 (単著) 2012/06
10. 論文  西成に暮らす在日コリアン高齢者の生活行動 (共著) 2011/06
全件表示(24件)
■ 著書・その他
1. 著書  社会調査事典 (共著) 2014/01
2. 著書  人文地理学事典 (共著) 2013/10
3. 著書  Transforming Asian Cities: Intellectual Impasse, Asianizing Space, and Emerging Trans-Localities. (共著) 2012/11
4. その他 (書評)李洪章『在日朝鮮人という民族経験―個人に立脚した共同性の再考―』 (単著) 2016/10
5. その他 まちかどの記憶とその記録のために―神戸 長田から/へ― vol.2 (共著) 2015/03
6. その他 都市の自生的集落としてのバラック街 (単著) 2015/03
7. その他 二条駅周辺の再開発と〈まちづくり〉 (共著) 2013/03
8. その他 (書評)国際高麗学会日本支部『在日コリアン辞典』編集委員会編『在日コリアン辞典』 (単著) 2012/08
9. その他 まちかどの記憶とその記録のために―神戸 長田から/へ― (共著) 2012/03
10. その他 戦後都市周縁を記述する:計画と生成のジレンマをめぐって (共著) 2012/03
全件表示(14件)
■ 学会発表
1. 2018/06/02 河川敷居住の生成と消滅をめぐる行政対応:静岡・安倍川を事例に(立正地理学会2018年度研究発表大会)
2. 2018/03/23 英米の大都市における健康環境問題の過去と現在(日本地理学会2018年春季学術大会健康地理研究グループ)
3. 2017/06/25 湊川ジャンクション—神戸長田に共在する複数の移住者たちの記憶と記録—(日本移民学会第27回年次大会)
4. 2017/05/28 戦後都市、「不法占拠/居住」をめぐる空間の政治(2017年度歴史学研究会大会)
5. 2017/05/14 戦後、在日朝鮮人と河川敷居住(第382回在日朝鮮人運動史研究会関西部会)
6. 2017/03/28 「地理的な見方」のデジタルアーカイビング(日本地理学会2017年春季学術大会)
7. 2016/06/04 戦後、バタヤ集落の「くらし」を問い直す(立正地理学会2016年度研究発表大会)
8. 2015/06/13 「復興都市」を問いなおす―「阪神・淡路大震災」後の神戸長田から―(カルチュラル・タイフーン2015)
9. 2015/05/31 戦後都市における河川敷居住とその立ち退き問題(人文地理学会政治地理研究部会第15回研究会「所有と立ち退き」)
10. 2015/01/31 都市の自生的集落としてのバラック街(同志社大学人文科学研究所第85回公開講演会「都市を占拠する―闇市・バラック街から見た都市空間の「戦後」―」)
全件表示(29件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~  自然-社会の動態からみた河川堤外地空間の即応的展開に関する地理学的研究 基盤研究(C) 
2. 2016/04~  京都の「まち」とくらしの総合研究 基盤研究(C) 
3. 2016/04~  大都市における疾病発生にともなう健康環境問題への人文地理学的貢献 基盤研究(C) 
4. 2015/04~  都市の河川敷の利用をめぐる社会・政治地理学的研究 若手研究(B) 
5. 2012/04~2016/03  戦後都市化による河川敷の変容に関する社会・政治地理学的研究 若手研究(B) 
6. 2011/04~2012/03  ITACOによる新しい地誌学の創生と地域の人縁生成に関する試行研究 新学術領域研究(研究課題提案型) 
7. 2010/04~2011/03  東アジア都市における「不法占拠」地区消滅後の持続的コミュニティに関する研究 特別研究員奨励費 
8. 2009/10~2010/03  戦後都市における「不法占拠」消滅後の持続的コミュニティに関する研究 研究活動スタート支援 
9. 2007/04~2009/03  戦後都市における居住貧困地区への社会的排除/包摂に関する地理学的研究 特別研究員奨励費 
■ 学歴・取得学位
1. 2005/04~2009/03 大阪市立大学大学院 文学研究科 人間行動学専攻地理学専修 博士課程修了 博士(文学)
2. 2003/04~2005/03 大阪市立大学大学院 文学研究科 人間行動学専攻地理学専修 修士課程修了 修士(文学)
3. 1998/04~2003/03 関西大学 文学部 史学・地理学科 卒業 学士(文学)
■ 所属学会
1. 2016/05~ 立正地理学会
2. 2014/10~ 地理科学学会
3. 2014/09~ 日本都市社会学会
4. 2005/10 日本居住福祉学会
5. 2005/03~ 都市住宅学会
6. 2005/01~ 日本地理学会
7. 2003/04~ 人文地理学会
8. 2013/11~2014/10 ∟ 編集委員
■ 主要授業科目
地域調査法、アジア・オセアニア地誌、地域開発と環境、地域研究