(最終更新日:2018-02-22 17:06:56)
  ヤスダ ハルキ   HARUKI YASUDA
  安田 治樹
   所属   仏教学部 仏教学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:仏教美術史、インド美術史、東洋美術史 
■ 論文
1. 論文  オクサスの楽人像 (単著) 2017/08
2. 論文  ガンダーラ、マトゥラーの初期仏陀像をめぐるいくつかの問題 (単著) 2014/03
3. 論文  マトゥラーの「菩薩」在銘像に関する提説をめぐっての研究 (単著) 2013/03
4. 論文  ガンダーラの燃燈仏授記本生図再考 (単著) 2010/03
5. 論文  唐土僧の求法巡歴 (単著) 2005/05
6. 論文  ガンダーラ仏と蓮華座 (単著) 2005/03
7. 論文  千仏図について (単著) 2001/11
8. 論文  唐墓壁畫與印度笈多王朝阿旃陀壁畫的比較研究 (単著) 2001/10
9. 論文  ガンダーラの彫像 (単著) 2000/09
10. 論文  これだけは知って行きたい アジャンタ基礎講座 (単著) 1999/03
全件表示(28件)
■ 著書・その他
1. 著書  ブッダの生涯 (単著) 2005/08
2. 著書  アジャンタ壁画 (共著) 2000/03
3. 著書  図説ブッダ (共著) 1996/08
4. 著書  敦煌石窟 = The Grotto art of Dunhuang (共著) 1982/04
5. その他 インド、パンジャーブ州チャンディガル博物館 ガンダーラ彫刻調査(平成22年8月11日~18日、7日間 文科省科学研究助成協力者)  2010/08
6. その他 根津美術館 「水茎のあと--古筆名葉」展によせて 古筆への誘(いざな)い (単著) 2004/11
7. その他 仏教の彫刻 —中国— (単著) 1994/08
8. その他 ガンダーラの仏像、遺跡はいま (単著) 1994/05
9. その他 中国・西域関係項目 解説 (単著) 1986/07
■ 学会発表
1. 2014/02/07 カラ・テパ出土品とオクサス派(立正大学ウズベキスタン学術調査隊(仮称)予備調査報告会)
2. 2011/11 クシャーン朝初期造像における三尊像について― 仏像起源論の近年の動向から―(立正大学日蓮教学研究所月例研究会)
■ 社会における活動
1. 2012/04~2013/03 国際仏教学大学院大学 非常勤講師
2. 2009/08~2009/09 NHK文化センター海外研修同行講師
3. 1995/04~ 成蹊大学文学部 非常勤講師
■ 講師・講演
1. 2016/05 伊豆法難会の聖日にあたって(立正大学品川キャンパス石橋湛山記念講堂)
2. 2013/10 地獄と極楽(立正大学大崎校舎)
3. 2013/07 ガンダーラから奈良へ(3)
4. 2013/03 ガンダーラから奈良へ(2) 西域南道の絵画とスタイン
5. 2012/12 ガンダーラから奈良へ(1) スワートにおける初期造像と仏像起源問題
6. 2012/11 釈尊の美術(立正学園高等学校)
7. 2012/10 法華経の美術(立正大学)
8. 2011/11 仏教の説話と美術(立正大学)
9. 2011/08 北朝末期の仏教美術(中国・安陽(安陽賓館))
10. 2010/10 わたしにとっての仏像(立正大学)
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   ウズベキスタン、スルハンダリヤ州におけるクシャーン朝期の仏教造形活動について 機関内共同研究 
2. 2007/07~  大乗仏教美術展開の初期相に関する研究 個人研究 
■ 学歴・取得学位
1. 2008/03/20
(学位取得)
立正大学大学院 博士(文学)
2. 1978/04~1982/03 成城大学大学院 文学研究科博士課程 美学美術史 博士課程単位取得満期退学
3. 1975/04~1978/03 成城大学大学院 文学研究科 美学美術史 修士課程修了 文学修士
■ 所属学会
1. 立正大学仏教学会
2. ∟ 評議員
3. 2010/09~ 日本仏教学会
4. 1976/04~2005/10 美学会
5. 1975/04~ 美術史学会
■ 主要授業科目
仏教文化特講