(最終更新日:2017-12-15 17:48:55)
  ニシダ キミアキ   KIMIAKI NISHIDA
  西田 公昭
   所属   心理学部 対人・社会心理学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
社会心理学 
■ 論文
1. 論文  カルト二世の息苦しい人生 (単著) 2017/06
2. 論文  第十三回親鸞仏教センター研究交流サロン カルト問題を再考する : 宗教の〈魅力〉と人間の危うさ (共著) 2016/03
3. 論文  心理学講座 つけこまれる隙は誰にでもある 心の弱点を知って、うまい話にだまされない (単著) 2014/04
4. 論文  カルトとマインド・コントロール : well-beingを阻害するもの (単著) 2014
5. 論文  パロディ商品に対する消費者の認知 (共著) 2013/03
6. 論文  傾向と対策 オウム事件専門家が明かす! 最新手口は「フェイスブックの『いいね!』」と「震災ボランティア」 (単著) 2012/04
7. 論文  「次世代ファーム事件」に関する西田意見書 (単著) 2012/03
8. 論文  オウム裁判についての最高裁判所への意見書 (単著) 2010/07
9. 論文  だまされるには訳がある:原因別にみる心理とだまされないための対策 (単著) 2009/08
10. 論文  消費者トラブルの心理的背景と対策 (単著) 2008/04
全件表示(28件)
■ 著書・その他
1. 著書  マンガでわかる!高齢者詐欺対策マニュアル (単著) 2016/12
2. 著書  大学生が出会うリスクとセルフマネジメント (共著) 2015/05
3. 著書  最新心理学事典 (共著) 2013/12
4. 著書  大学生のリスク・マネジメント (共著) 2013/09
5. 著書  クローズアップ犯罪 (共著) 2013/08
6. 著書  人間関係の心理パースペクティブ (共著) 2010/05
7. 著書  自己と対人関係の社会心理学 (共著) 2009/10
8. 著書  社会心理学事典 (共著) 2009/05
9. 著書  だましの手口:知らないと損する心の法則 (単著) 2009/04
10. 著書  カルトからの脱会と回復のための手引き (共著) 2009/02
全件表示(48件)
■ 学会発表
1. 2016/09 マインド・コントロール脆弱性測定の試み(3):―マインド・コントロール脆弱性尺度の開発(日本社会心理学会第57回大会)
2. 2016/09 詐欺・悪質商法被害者の心理(2):詐欺被害者が受けた欺瞞的説得方略についての検討(日本社会心理学会第57回大会)
3. 2016/08 The Terrorist Mind and Social Psychological Manipulation(XXXIth International Congress of Psychology)
4. 2015/10/31 マインド・コントロール脆弱性測定の試み(1):理論的枠組みおよび権威主義的パーソナリティとの関係(日本社会心理学会第56回大会)
5. 2015/10/31 マインド・コントロール脆弱性測定の試み(2): 下位尺度間関係の検討(日本社会心理学会第56回大会)
6. 2015/10/31 詐欺・悪質商法被害者の心理(1):被害後の心理についての検討(日本社会心理学会第56回大会)
7. 2015/06 Reexamination of the terrorist behaviors of Aum Supreme Truth and their today(International Cultic Association Annual Conference)
8. 2014/07/11 What makes Japanese university students accept invitations to commit group antisocial acts?(28th International Congress of Applied Psychology)
9. 2013/07 Inducing violent attack by cult psychological manipulation: What is ABCD & H?(International Cultic Studies Association)
10. 2012/09 テロリズムや暴力を誘導する心理操作ABCD・H の理論(日本心理学会第76回大会)
全件表示(20件)
■ 受賞学術賞
1. 1988/10 日本グループ・ダイナミックス学会研究奨励賞第1号
2. 1990/10 日本心理学会研究奨励賞第16号
3. 1995/09 日本社会心理学会第2回研究優秀賞
4. 1999/09 日本心理学会研究奨励賞第101号
5. 2001/10 日本社会心理学会第5回研究優秀賞
6. 2013/03 蘊奥褒賞
■ 社会における活動
1. 2014/06~2014/07 傷害致死、監禁死体遺棄被告事件についての意見書の提出
2. 2014/06~2014/07 箱根大天狗山神社による損害賠償事件についての意見書の提出
3. 2014/05~2014/06 L&LAによる損害賠償事件についての意見書の提出
4. 2013/03~2013/06 青少年愛護条例違反被告事件の判決についての意見書提出および法廷証言
5. 2012/10~2013/06 オウム真理教元信者H被告人の鑑定書の提出
6. 2012/02~2012/04 Kキリスト教会牧師によるセクシャルハラスメント事件についての鑑定書の提出
7. 2010/11~2011/04 英語教師殺人事件U被告人の鑑定書提出および法廷証言
8. 2010/09~2011/03 消費者教育支援センター「消費者教育副教材の作成に係る調査委員会」委員
9. 2010/08~2010/10 健康食品「真光元」による被害訴訟における被害者心理について法廷意見書の提出
10. 2010/07~2010/07 牧師による準強姦事件の被害者心理について水戸地方裁判所から証人喚問
全件表示(12件)
■ 講師・講演
1. 2014/07 詐欺被害の心理についてフジテレビ「教訓のススメ」
2. 2014/06 茨城県議会調査会「特殊詐欺の対策についての提言」
3. 2014/06 SNSについての危険性についてNHKテレビ「朝イチ」
4. 2014/06 心理学から見る高齢消費者:その対応のあり方を考える
5. 2014/05 知ってるだけでは防げない!だまし被害
6. 2014/05 心理学から学ぶ「だまされる心の法則」
7. 2014/05 だましの手口とだまされる心理
8. 2014/03 裁判員裁判制度の再検討(西宮市)
9. 2014/02 だまされる心理(加古川)
10. 2014/02 詐欺悪質商法の予防対策~社会心理学者の立場から(金融庁)
全件表示(37件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  詐欺やマインド・コントロール被害に対するリスク対策教育ツールの開発研究 基盤C 
2. 2012/04~2015/03  マインド・コントロール防衛スキルの構造とその心理特性の測定法の開発 基盤研究(C) 
■ 学歴・取得学位
1. 関西大学大学院 社会学研究科 博士課程単位取得満期退学 博士(社会学)
■ 所属学会
1. 2005~ 日本犯罪心理学会
2. 2004~ 日本応用心理学会
3. 1984~ 日本グループ・ダイナミックス学会
4. 2007/04~2009/03 ∟ 常任理事
5. 2015/04~2017/03 ∟ 理事
6. 2017/04~ ∟ 会長
7. 1984~ 日本社会心理学会
8. 2003/04~2008/03 ∟ 編集委員
9. 2009/01~ 国際カルト研究学会
10. 2009~ アジア社会心理学会
全件表示(11件)
■ 主要授業科目
集団心理学