(最終更新日:2018-09-11 01:11:59)
  イトウ ヨシタカ   YOSHITAKA ITO
  伊藤 善隆
   所属   文学部 文学科
   職種   准教授
■ 現在の専門分野
日本文学 (キーワード:日本近世文学) 
■ 論文
1. 論文  宗因・昌程点「重長・曲肱両吟百韻」 (単著) 2018/03
2. 論文  文東編『俳諧鑑草』 (単著) 2018/03
3. 論文  豊原重軌著『百華辨』 (単著) 2018/03
4. 論文  翻刻・手錢記念館所蔵俳諧伝書(五)―手錢記念館所蔵俳諧資料(一〇)― (単著) 2018/03
5. 論文  百蘿俳文集『さりつ文集』―手錢記念館所蔵俳諧資料(九)― (単著) 2017/12
6. 論文  明治・大正期の点印―汽車や気球、喇叭や兵士の図案― (単著) 2017/11
7. 論文  大社の俳人にみる師弟関係―『岡崎日記』前後― (単著) 2017/10
8. 論文  翻刻 方壺宛て蝶夢書簡五十通(下)―付「竹村方壺雑集」に収める蝶夢諸資料― (共著) 2017/05
9. 論文  『俳諧手鑑 ふぐるま集』に見る近世俳人の手紙文化 (単著) 2017/03
10. 論文  雲裡坊著『答問書』 (単著) 2017/03
全件表示(105件)
■ 著書・その他
1. 著書  元禄時代俳人大観 第三巻 索引・補遺 (共著) 2012/03
2. 著書  大学生のための基礎力養成ブック (共著) 2012/02
3. 著書  元禄時代俳人大観 第二巻 元禄十一年~宝永四年 (共著) 2011/11
4. 著書  芭蕉(コレクション日本歌人選34) (単著) 2011/10
5. 著書  元禄時代俳人大観 第一巻 貞享元年~元禄十年 (共著) 2011/06
6. 著書  コミュニケーションリテラシーワークブック (共著) 2011/01
7. 著書  尾道大学附属図書館 下垣内文庫目録 (共著) 2010/03
8. 著書  コミュニケーションリテラシーワークブック (共著) 2010/01
9. 著書  日本語リテラシー (共著) 2009/10
10. 著書  コミュニケーションリテラシーワークブック (共著) 2009/01
全件表示(187件)
■ 学会発表
1. 2017/08/23 桃隣舎文辰著『〔池西言水四季独吟評釈〕』について―近世後期における元禄俳諧評釈―(「在外絵入り本を中心とする書誌・出版・解釈の総合的研究」共同研究会)
2. 2016/09/18 雲橋社と蝶夢(日本図書館文化史研究会二〇一六年度研究集会 シンポジウム「幕末の公開文庫」)
3. 2016/08/31 近世前期詩作法書寸見(「日本の近世における中国漢詩文の受容―三体詩・古文真宝の出版を中心に―」(代表 高橋智慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授)公開研究会)
4. 2016/06/25 俳諧と絵画―絵俳書・一枚摺・俳画賛―(平成28年度立正大学国語国文学会前期大会)
5. 2016/05/25 近世俳人の手紙文化と『俳諧手鑑 ふぐるま集』(立正大学人文科学研究所新任教員発表会)
6. 2015/09/11 『たまひろひ』と『山城名勝風月集』―絵俳書の板木再利用―(「在外絵入り本を中心とする書誌・出版・解釈の総合的研究」共同研究会)
7. 2014/12/14 江戸力~手錢家蔵書からみる出雲の文芸~(シンポジウム 江戸力~手錢家蔵書からみる出雲の文芸~)
8. 2014/07/26 八戸藩主南部信房(畔李)の俳諧活動(シンポジウム 藩主の交遊―和歌・俳諧がむすぶ人と地域―)
9. 2014/05/29 俳諧資料の特性―近世における蔵書形成と文芸享受という視点から―(平成26年度国文学文献資料調査員会議 調査収集シンポジウム)
10. 2012/09/28 多色摺の源流―中国詩箋と林羅山―(近世的表現様式と知の越境プロジェクト)
全件表示(23件)
■ 受賞学術賞
1. 2012/10 文部科学大臣賞
■ 社会における活動
1. 2018/06~2018/07 平成30年度茨城県弘道館アカデミー 講師
2. 2013/04~ 島根大学法文学部山陰研究センター 客員研究員
3. 2009/12~2018/02 江東区芭蕉記念館資料検討会 講師
4. 2004/04~2017/03 国文学研究資料館 共同研究員
5. 2004/04~2017/03 国文学研究資料館 国文学研究情報専門員
6. 2003/04~2017/03 国文学研究資料館 国文学文献資料調査員
7. 2003/04~2003/07 川崎市民アカデミー 講師
8. 2002/09~2003/03 国文学研究資料館 国文学文献資料特別調査員
9. 2001/03~2002/07 飯田市 日夏耿之介宛書簡集編集委員
10. 1995/05~1996/02 世田谷老人大学 第17期自主研 講師
■ 講師・講演
1. 2018/02 俳人の紀行(島根県出雲市大社町杵築西 手錢家和室)
2. 2017/01 俳諧史上の其角の位置
3. 2016/12 出雲俳壇史の中の大社俳壇の人々(島根県古代出雲歴史博物館 講義室)
4. 2016/08 「鳶」の芭蕉付句をめぐって―大垣市立図書館蔵「木因写『鳶の巻』を中心に―(奥の細道むすびの地記念館多目的室1)
5. 2014/12 俳諧史の中の出雲・大社・手錢家
6. 2013/11 俳諧史における芭蕉の位置
7. 2013/03 中国の詩箋と俳諧資料の多色摺
8. 2012/11 初年次教育とコミュニケーション教育―日本語リテラシー教育の実践例を中心に―
9. 2012/03 大名の旅日記―『旅つづら』と『青葉蔭』―
10. 2011/08 大名俳諧と点取俳諧
全件表示(16件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2018/04~2022/03  化政期俳諧再評価のための新研究 基盤研究(C) 
2. 2016/04~2020/03  享保・宝暦期俳諧の新研究:芭蕉没後の「かるみ」伝播を軸にして 基盤研究(C) 
3. 2016/04~2020/03  江戸後期東北諸藩の学術における文理融合理念と文芸活動の関係を解明する新研究 基盤研究(C) 
4. 2014/04~2018/03  「人を結びつける文化」としての俳諧研究 基盤研究(C) 
5. 2013/04~2016/03  松代・一関・南部藩・秋田各藩の和歌活動・俳諧活動による大名文化圏形成解明の新研究 基盤研究(C) 
6. 2013/04~2016/03  芭蕉五十回忌に至る「かるみ」の継承と伝播に関する研究 基盤研究(C) 
7. 2010/04~2013/03  林鵞峰交遊圏の研究 基盤研究(C) 
8. 2009/04~2012/03  続猿蓑と地方俳書の比較による「かるみ」の研究 基盤研究(C) 
9. 2006/04~2009/03  炭俵別座敷の分析による「かるみ」の研究 基盤研究(C) 
10. 2005/04~2008/03  近世前期文学における明末文化の影響 若手研究(B) 
全件表示(13件)
■ 学歴・取得学位
1. ~2001/03 早稲田大学大学院 日本文学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 2013/04/17
(学位取得)
早稲田大学大学院 博士(文学)
3. ~1995/03 早稲田大学大学院 日本文学専攻 修士課程修了 修士(文学)
4. ~1992/03 早稲田大学 第一文学部 文学科日本文学専修 卒業 学士(文学)
■ 所属学会
1. 早稲田大学国語教育学会
2. 早稲田大学国文学会
3. 日本近世文学会
4. 日本比較文化学会
5. 俳文学会
6. 立正大学国語国文学会
7. 和漢比較文学会
■ 主要授業科目
日本古典文学史4