(最終更新日:2018-06-07 17:31:26)
  サナダ ハルコ   HARUKO SANADA
  真田 治子
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
日本語学 (キーワード:計量言語学、語彙論、近代語研究) 
■ 論文
1. 論文  『哲学字彙』付録「清国音符」の編纂目的と用法についての検討―井上哲次郎の日記及び旧東京大学の漢文教育との関わりから― (単著) 2018/03
2. 論文  The transplantation and adaptation of terms from Japan to China at the beginning of the 20th century” (単著) 2017/06
3. 論文  学術用語集『哲学字彙』改訂と編者書込み本の見出し語について (単著) 2016/12
4. 論文  Jevons著『Elementary lessons in logic』と『哲学字彙』の見出し語 (単著) 2016/09
5. 論文  Menzerath-Altmann law and the sentence structure (単著) 2016/08
6. 論文  Kabashima Funktion (単著) 2016/06
7. 論文  Mizutani-Funktion (単著) 2016/06
8. 論文  Sibuya-Verteilung (単著) 2016/06
9. 論文  主格を示す助詞の頻度分布と主格省略の問題―結合価理論を参考にした計量的分析― (単著) 2013
10. 論文  助詞の使用度数と結合価に関する計量的分析方法の検討 (単著) 2012
全件表示(31件)
■ 著書・その他
1. 著書  Recent Contributions to Quantitative Linguistics (共著) 2015/10
2. 著書  日本語史の研究と資料 (共著) 2015/03
3. 著書  近代語研究 第18集 (共著) 2015/02
4. 著書  日本語大事典 (共著) 2014/10
5. 著書  Empirical Approaches to Text and Language Analysis (共著) 2014/09
6. 著書  Issues in Quantitative Linguistics 3.(Studies in Quantitative Linguistics. vol.13) (共著) 2013
7. 著書  Selected papers of the VIIIth International Conference on Quantitative Linguistics (QUALICO) in Belgrade, Serbia, (共著) 2013
8. 著書  近代語研究 第17集 (共著) 2013
9. 著書  Synergetic Linguistics: Text and Language as Dynamic Systems. To Reinhard Koehler on the Occasion of his 60th Birthday (共著) 2012
10. 著書  『近代語研究』第16集 (共著) 2012
全件表示(44件)
■ 学会発表
1. 2016/11 動詞結合価と文構造に着目した計量的研究(第1回日本語と近隣言語における文法化ワークショップ(日本言語学会))
2. 2016/08 Quantitative interrelations of properties of the complement and the adjunct(International Quantitative Linguistics Conference (Qualico) 2016)
3. 2016/02 自然な長さの文とは何か?―動詞結合価と文構造と頻度の関係(立正大学経済研究所研究会)
4. 2015/02/28 明治初期洋書教科書の副読本としての『哲学字彙』―東京大学洋書教科書及びフェノロサ講義受講ノートとの比較(第321回日本近代語研究会)
5. 2014/12/13 文法的要素と構造が語の頻度に与える影響について―Menzerath-Altmannの法則と結合価との関係に関する調査―(「コーパス日本語学の創成(語彙・文法・文体・表記)」プロジェクト共同研究発表会)
6. 2014/05/30 A co-occurrence and an order of valency in Japanese sentences(Qualico2014 International Quantitative Linguistics Conference)
7. 2014/05/17 明治期の学術用語が一般化するまで(日本語学会2014年度春季大会70周年記念シンポジウム「“学術日本語”の歴史と未来―大学教育国際化時代を迎えて―」)
8. 2013 Japanese philosopher INOUE Tetsujiro's view of multi-lingualism: A reference to his diary and notebooks written during his study in Europe 1884 - 1890(Invited Speech at Mori-Ogai-Museum for Center for Japanese Language and Culture of Berlin Humboldt University)
9. 2013 Transference and adaptation of the terms from Japan to China at the beginning of the 20th century(CIL19 Les Congres Internationaux des Linguistes, The International Congress of Linguists (ICL))
10. 2012 Employment of Japanese terms for Chinese dictionary by CLSC (Christian Literature Society for China)(7th International Conference on Missionary Linguistics)
全件表示(50件)
■ 社会における活動
1. 国立国語研究所共同研究プロジェクト「コーパス日本語学の創成」共同研究員
2. 2010/08~2010/08 日本経済新聞電子版教育記事・国語辞典の使い方についてのコメント掲載「話題の「辞書引き学習」3カ月後の効果は…」
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   Quantitative Analysis of the Valency of Japanese Verbs その他の補助金・助成金 
2. 2016/04~2021/03  日本語と近隣言語における文法化の基礎的研究 基盤研究(B) 
3. 2016/04~2021/03  明治期の中等教育・高等教育と近代学術用語の伝播・定着との関連性に関する研究 基盤研究(C) 
4. 2012/04~2016/03  文法化と意味図構築の基礎的研究 基盤研究(C) 
5. 2011/04~2016/03  明治後期の学術用語の伝播・浸透と現代日本語への影響に関する研究 基盤研究(C) 
6. 2008/04~2012/03  認知類型論による文法格の意味図構築に向けて 基盤研究C 
7. 2007~2010  『哲学字彙』にみられる近代学術用語の現代日本語への定着過程の検証 基盤研究C 
8. 2006~2006  電子政府6万字種データベースに準拠した海外日本語研究者向けWeb漢字辞書の作成 基盤研究C 
9. 2004~2006  『英仏独和 哲學字彙』(哲學字彙第三版)で増補された語の研究 競争的資金等の外部資金による研究 
10. 2003~2003  学位申請論文の加筆英訳版『Investigations in Japanese Historical Lexicology』の出版 研究成果公開促進費・学術図書 
全件表示(12件)
■ 学歴・取得学位
1. 1992/04~1995/03 学習院大学 人文科学研究科 日本語日本文学専攻 博士課程単位取得満期退学
2. 2001/05/24
(学位取得)
学習院大学 博士(日本語日本文学)
3. 1990/04~1992/03 学習院大学 人文科学研究科 日本語日本文学専攻 修士課程修了 修士(国文学)
■ 所属学会
1. Glottometrics誌 (RAM-Verlag)
2. ∟ 常任外部査読委員
3. Glottotheory 誌 (De Gruyter)
4. ∟ 編集委員,査読委員
5. International Association of Quantitative Linguistics
6. ∟ アジア担当理事
7. International Quantitative Linguistics Association
8. 2009~ ∟ Council Members at Large
9. 計量国語学会
10. 2013/04~ ∟ 理事・査読委員
全件表示(25件)
■ 主要授業科目
日本語表現法