(最終更新日:2018-06-14 15:15:44)
  タカハシ ミユキ   MIYUKI TAKAHASHI
  髙橋 美由紀
   所属   経済学部 経済学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
経済統計, 経済史 (キーワード:日本経済史、歴史人口学) 
■ 論文
1. 論文  近世農村における女性の労働とライフコース――陸奥国安積郡の事例を中心に (単著) 2017/07
2. 論文  MARRIAGE, HOUSEHOLD CONTEXT AND SOCIOECONOMIC DIFFERENTIALS: EVIDENCE FROM A NORTHEASTERN TOWN IN JAPAN,1729-1870 (共著) 2017/04
3. 論文  「ザビエルデータ」から復元する移動ヒストリー――近世庶民の人口移動研究資料 (共著) 2017/03
4. 論文  武蔵国多摩郡戸倉新田の人口 (単著) 2017/03
5. 論文  江戸時代における女性の労働と出産 (単著) 2016/03
6. 論文  柏市を始めとする助郷村々と我孫子宿との出入一件 (単著) 2014/03
7. 論文  Marriage and Household in Early Modern Northeastern Japan: Rural-Urban Similarity and Diversity (共著) 2013/08
8. 論文  歴史人口学と生活水準 (単著) 2013/05
9. 論文  近世花野井村の人口ーー「下総国葛飾郡花野井村宗門改帳」から (単著) 2012/03
10. 論文  在郷町の結婚と再婚 (単著) 2012/03
全件表示(24件)
■ 著書・その他
1. 著書  経済社会の歴史 (共著) 2017/11
2. 著書  在郷町の歴史人口学――近世における地域と地方都市の発展―― (単著) 2005/05
3. その他 比較家族史学会 監修 加藤彰彦・戸石七生・林研三 編著『家と共同性』、2016年、日本経済評論社 (単著) 2017/10
4. その他 近世日本中小都市の経済と人口― 陸奥国安積郡郡山宿と武蔵国埼玉郡粕壁宿― (単著) 2015/12
■ 学会発表
1. 2017/06/10 前近代における人口移動-在郷町郡山と周辺農村の比較(日本人口学会全国大会)
2. 2017/05/27 近世における人口・世帯の変化と地域経済(社会経済史学会全国大会)
3. 2015/11/12 Mortality as Demographic Response to Famines and Short-Term Economic Crisis in a Town in Northeastern Japan, 1729-1870(Social Science History Association)
4. 2015/11/07 Comments on Professor Clark’s Seminar ‘Apprenticeship and the Integration of Migrants in the City’,(第三回セミナーApprenticeship and Migration in Early Modern Towns)
5. 2015/10/24 Famine and Mortality in Early Modern Japan: Evidence from a Local Post Town(The Third Conference of East Asian Environmental History)
6. 2015/09/06 近世東北の結婚・再婚と世帯継承 ―在郷町郡山と周辺農村の比較分析―(日本家族社会学会 第25回大会)
7. 2015/06/07 近世日本における都市(宿場町)の経済と人口(日本人口学会第67回全国大会)
8. 2015/05/31 近世東北農村における中小都市と農村の歴史人口学的分析―陸奥国二本松藩を中心として(社会経済史学会第84回大会)
9. 2015/04/18 近世日本中小都市の経済と人口―陸奥国安積郡郡山宿と武蔵国埼玉郡粕壁宿―(第438回比較都市史研究例会)
10. 2014/06/14 歴史人口学から考える女性のライフコースーー近世東北・北関東地方にみる(日本人口学会第66回全国大会)
全件表示(20件)
■ 社会における活動
1. 2014/11 Future Earthワークショップ(独立行政法人科学技術振興機構)参加
2. 2007/04 NPO法人ねりまチャイルドサポートセンター どんぐりやま保育園 運営委員
3. 2009/04~ 柏市史編纂委員
4. 2008~2010/03 江戸の海を科学する(海洋政策研究財団研究)
5. 2006/04~ 古文書講読
■ 講師・講演
1. 2017/10 江戸時代の女性:子育てと仕事(神奈川県茅ヶ崎市)
2. 2016/09 古文書から考える 江戸時代の村と町 --人口を中心として(佐野市)
3. 2015/09 歴史から人口を考える―過去にもあった『少子化』とその対策―(福島県郡山市)
4. 2015/05 江戸時代のライフコース―古文書から考える(神奈川県茅ヶ崎市)
5. 2014/10 江戸時代の女性とこども~古文書から考える(三郷市)
6. 2014/07 間引きと歴史人口学(柏市沼南庁舎)
7. 2014/06 江戸時代のライフコース~古文書から考える~(千葉市)
8. 2011/09 歴史人口学からみる日本の人口問題(東京都北区)
9. 2010/09 江戸時代のライフコース 古文書から考える(郡山市)
10. 2010/06 江戸時代のライフコース 古文書から考える(佐野市 城北地区公民館)
全件表示(15件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~  江戸時代の少子化問題 経済史 
2. 2007/04~2008/12  近 世 中 小 都 市 の 経 済 と 女 性 の ラ イ フ コ ー ス 特別研究員奨励費 (キーワード:経済史、日本史、歴史人口学、都市史、歴史資料)
■ 学歴・取得学位
1. 1999/04~2002/03 一橋大学大学院 経済学研究科 経済史・地域経済 博士課程修了 博士(経済学)
2. 1988/03~1991/03 慶應義塾大学大学院 経済学研究科博士課程 博士課程単位取得満期退学
3. 1986/04~1988/03 慶應義塾大学大学院 経済学研究科 経済史 修士課程修了 経済学修士
4. 1982/04~1986/03 慶應義塾大学 経済学部 卒業 経済学士
■ 所属学会
1. 2015~ 比較都市史学会
2. 2013~ International Union for the Scientific Study of Population
3. 1997/05~ 社会経済史学会
4. 2017/01 ∟ 理事
5. 1991/10~ 日本人口学会
6. 2012/06~ ∟ 広報委員
7. 2004/12~ 日本ジェンダー史学会
8. 2002/03~ 日本農業史学会
9. 1998/08~ 日本家族社会学会
■ 主要授業科目
日本経済史