(最終更新日:2018-12-10 21:42:40)
  トコロ マサブミ   MASABUMI TOKORO
  所 正文
   所属   心理学部 対人・社会心理学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
社会心理学 (キーワード:超高齢社会と交通、生涯発達とキャリアデザイン、適性) 
■ 論文
1. 論文  自動運転と高齢ドライバーの未来 (単著) 2018/05
2. 論文  高齢者の交通安全を考える:自動車優先主義の限界と21世紀中盤社会の展望 (単著) 2017/04
3. 論文  高齢ドライバーの交通事故対策を考える:免許自主返納への道筋と交通行政に望むこと (単著) 2017/03
4. 論文  若者のキャリアデザイン構築のための社会的支援:大学新卒3割・3年以内退職にどう対応するか (単著) 2017/03
5. 論文  人生デザイン理論の模索 (単著) 2016/03
6. 論文  労働観が幸福感に与える影響 (共著) 2016/03
7. 論文  科学 高齢ドライバーの交通事故問題 (単著) 2014/11
8. 論文  交通文化心理学の萌芽:交通の窓から俯瞰する21世紀異文化共生社会の兆し (単著) 2014/03
9. 論文  The Background of Instability in Employment among the Young People in Japan and the Career Education Challenge, (単著) 2014/01
10. 論文  高齢者講習における運転適性診断の改善課題と交通心理士への期待 (単著) 2011/04
全件表示(59件)
■ 著書・その他
1. 著書  高齢ドライバー (共著) 2018/02
2. 著書  人生100年時代の生き方・働き方:仕事と人と関わり続ける時代 (単著) 2017/12
3. 著書  クローズアップ「高齢社会」(現代社会と応用心理学6) (共著) 2015/12
4. 著書  車社会も超高齢化:心理学が解く近未来 (単著) 2012/05
5. 著書  高齢ドライバー・激増時代:交通社会から日本を変えていこう (単著) 2007/06
6. 著書  応用心理学事典 (共著) 2007/01
7. 著書  マネジメントからの発想:社会問題へのアプローチ (共著) 2006/02
8. 著書  こころの科学 (共著) 2003/05
9. 著書  働く者の生涯発達:働くことと生きること
【日本応用心理学会・2004年度学会賞受賞図書】 (単著) 2002/05
10. 著書  はじめて学ぶ心理学 (共著) 2000/05
全件表示(17件)
■ 学会発表
1. 2016/07/29 Introductin speaker concerning Analysis of Personal Attitude Construct for Diagnosing Single Cases Operationally, Qualitatively and Quantitatively (by Dr. Naito.)(ICP2016)
2. 2016/07/28 A study on overconfidence of elderly drivers:a comparison between men and women(ICP2016)
3. 2016/07/27 Introductin speaker concerning Aging of the Intellectually Handicapped persons in Bangladesh and Japan (by Dr. Sufi.)(ICP2016)
4. 2016/07/27 The study about the influence that the life event of the office worker gives in work ethic and carrier awareness (with Ueno Yuki)(ICP2016)
5. 2013/06/22 プロダクティブ・エイジング~:2040年 高齢者4割の社会を考える(早稲田大学心理学会2013年度公開シンポジウム)
6. 2012/10/14 在宅高齢者のライフスタイルに関する調査研究-性格型とライフスタイル類型と生きがいの関連-(日本老年行動科学会)
7. 2009/09/12 応用心理学研究への論文投稿のための研修セミナー(日本応用心理学会)
8. 2009/09/07 高齢ドライバーの安全・安心と健康(日本健康心理学会)
9. 2009/06/13 The new mobility system for elderly people in rural areas in Japan(Japanese Association of Traffic Psychology)
10. 2008/12/06 交通心理学から見る高齢者の問題(早稲田大学心理学会)
全件表示(20件)
■ 受賞学術賞
1. 2004/09 日本応用心理学会賞
2. 1997/08 日本応用心理学会奨励賞
3. 1988/09 東京都知事賞
4. 1988/09 日本労働協会長賞
■ 社会における活動
1. 2018/11 讀賣新聞・西部版インタビュイー「高齢運転時代:技術に自信あり 80歳以上7割超」(2018年11月2日朝刊掲載)
2. 2018/09 毎日新聞・西部版インタビュイー:「補償運転」に注目(2018年9月18日朝刊掲載)
3. 2018/08 全国農業新聞・インタビュイー:高齢者の事故を防ごう(2018年8月10日掲載)
4. 2018/08 婦人公論・インタビュイー:それぞれのお家事情にプロがアドバイス【運転】(2018年8月28日掲載)
5. 2018/08 讀賣新聞・西部版インタビュイー「高齢運転時代:免許返納サポート 看護師と出張相談会」(2018年8月23日朝刊掲載)
6. 2018/07 読売新聞・中部版インタビュイー:高齢ドライバーの今(6):デマンド交通広がる(2018年7月21日朝刊掲載)
7. 2018/06 BS日テレ・生出演「深層NEWS:高齢者運転の新課題」(2018年6月1日)
8. 2018/06 NHK総合・生出演「クローズアップ現代+」(2018年6月7日):90歳事故で議論再燃!?高齢者の運転どう考える
9. 2018/06 テレビ神奈川・取材出演「ニュースリンク」(2018年6月7日):高齢者事故と免許返納
10. 2018/05 ニューヨークタイムズ・インタビュイー"Japan Tries to Ease an Older Generation Out of the Driver’s Seat"(2018年5月13日掲載)
全件表示(68件)
■ 学歴・取得学位
1. 1994/11/15
(学位取得)
早稲田大学 博士(文学)
2. 1981/04~1983/03 早稲田大学大学院 文学研究科 心理学専攻 修士課程修了 文学修士
3. 1977/04~1981/03 早稲田大学 第一文学部 心理学専攻 卒業 文学士
■ 所属学会
1. 1992/04~ 日本交通心理学会
2. 2002/04~2013/03 ∟ 会計監査、運営委員を担当、2012年大会会長
3. 1981/10~ 日本応用心理学会
4. 2003/04~2010/03 ∟ 常任理事(この間広報委員長、機関誌編集委員長を担当)
5. 1981/10~ 日本心理学会
6. 2012/09~2016/08 ∟ ICP2016年大会・組織委員・プログラム委員
7. 2009/10~ 日本健康心理学会
8. 2001/06~ 日本老年社会科学会
9. 1985/10~ 産業・組織心理学会
■ 主要授業科目
産業・組織心理学,キャリア開発基礎講座