(最終更新日:2016-06-14 09:30:35)
  ヒライ ヒサコ   HISAKO HIRAI
  平井 壽子
   所属   地球環境科学部 環境システム学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
キーワード:地球惑星科学、高圧物質科学 
■ 論文
1. 論文  Time-resolved x-ray diffraction and Raman studies of the phase transition mechanisms of methane hydrate. (共著) 2015/01
2. 論文  Formation of SiH4 and H2O by the dissolution of quartz in H2 fluid under high pressure and temperature. (共著) 2014/11
3. 論文  A possible existence of phase change of deuterated ice VII at about 11 GPa by X-ray and Raman studies (共著) 2014/07
4. 論文  Phase changes induced by guest orientational ordering of filled ice Ih methane hydrate under high pressure and low temperature. (共著) 2014/07
5. 論文  High pressure X-ray diffraction and Raman spectroscopic studies of the phase change of D2O ice VII at approximately 11GPa. (共著) 2014/05
6. 論文  Influence of H2 fluid on the stability and dissolution of Mg2SiO4 forsterite under high pressure and high temperature. (共著) 2013/10
7. 論文  Phase changes of filled ice Ih methane hydrate under low temperature and high pressure. (共著) 2013/05
8. 論文  Structural changes of filled ice Ic hydrogen hydrate under low temperatures and high pressures from 5 to 50 GPa. (共著) 2012/09
9. 論文  Reaction of forsterite with hydrogen molecules at high pressure and temperature. (共著) 2012/05
10. 論文  Isotopic effect and amorphization of deuterated hydrogen hydrate under high pressure. (共著) 2011/10
全件表示(104件)
■ 著書・その他
1. 著書  地球進化学 : 地球の歴史を調べ、考え、そして将来を予測するために (共著) 2007/04
2. 著書  Carbon Alloys (共著) 2003/10
3. その他 メタンハイドレートおよび水素ハイドレートの低温高圧下におけるゲスト分子配向秩序化に誘起された相転移 (共著) 2014/10
4. その他 Filled ice Ic水素ハイドレートの低温高圧下における相変化 (共著) 2013/03
5. その他 ガスハイドレートの超高圧物性と太陽系・宇宙における存在の可能性 (単著) 2012/08
6. その他 炭素からハイドレートへそして惑星衛星のハイドレート, 氷メタンの高圧物性、 日本鉱物科学会賞受賞記念研究紹介 (単著) 2009/03
7. その他 高圧下のクラスレートハイドレート, W. Mao 著(英語), 米国 物理学協会(AIP)「Physics Today」より (単著) 2008/05
8. その他 X線回折によるガスハイドレートの高圧相変化と地球惑星科学的意義 (共著) 2006/08
9. その他 Li 黒鉛層間化合物より Li 内包ダイヤモンドの高圧合成 (共著) 2004/04
10. その他 フラーレンの多様な振舞いと新しい炭素材料 (単著) 2000/09
全件表示(23件)
■ 受賞学術賞
1. 2008/09 平成20年度日本鉱物科学会賞受賞
■ 社会における活動
1. 2010/04~2012/03 未来科学者育成講座講師
2. 2009/04~ 高大連携授業講師
3. 2000/01~2009/03 茨城県文化財保護審議会委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2010/04~2014/03  メタン及び水素ハイドレートの低温~高温高圧下 での物性変化と氷天体内部構造の推定 基盤研究(A) 
2. 2007/04~2012/03  強力パルス中性子源を活用した超高圧物質科 学の開拓 学術創成 
3. 2007/04~2010/03  水素ハイドレートの合成とそのエネルギー輸送・貯蔵媒体への利用 萌芽研究 
4. 2006/04~2010/03  メタンハイドレートの超高圧・高温下におけ る相変化と巨大氷惑星内部構造の推定 基盤研究(B) 
5. 2002/04~2005/03  メタンハイドレートの圧力誘起構造変化とそ の超高圧資源貯蔵技術への応用 基盤研究(C) 
6. 2000/04~2002/03  ガスハイドレートの超高圧下における水和数 変化・構造変化とガス資源高圧固定法 基盤研究(C) 
7. 1999/04~2000/03  高温高圧によるフラーレン、及び、黒鉛層間 化合物の新混成軌道の誘起と新物質の合成 特定領域研究(A)「カーボンアロイ」 
8. 1998/04~1999/04  フラーレンの圧力誘起-混成軌道修飾化・複合 化と炭素新物質群の探査 特定領域研究(A)「カーボンアロイ」 
9. 1996/04~1998/04  フラーレンからアモルファスダイヤモンドへ の衝撃誘起-転換機構と新物質合成 基盤研究(B) 
10. 1995/04~1996/03  超高圧・超高温・超急冷によるフラーレンの 機能性付与反応と新物質の凍結 重点領域研究「炭素クラスター」 
全件表示(12件)
■ 学歴・取得学位
1. 1980/04~1985/03 筑波大学大学院 地球科学研究科、科学技術庁無機材質研究所研究生 修了
2. 1976/04~1980/03 筑波大学大学院博士課程 地球科学研究科 地質学専攻 博士課程修了 理学博士
3. 1974/04~1976/03 東京教育大学大学院 理学研究科 地質学鉱物学専攻修士課程 修士課程修了 理学修士
4. 1970/04~1974/03 東京教育大学 理学部 地学科地質学鉱物学専攻 卒業 理学士
■ 所属学会
1. 2009/04~2015/03 日本惑星科学会
2. 2003/04~ 日本地球惑星科学連合
3. 1992/04~1999/03 日本セラミックス協会
4. 1992/04~1999/03 ∟ 常任幹事
5. 1991/04~ ダイヤモンドフォーラム
6. 1991/04~ ∟ 学会誌『NEW DIAMOND』編集委員
7. 1989/04~ 日本高圧力学会
8. 1989/04 ∟ 会計幹事
9. 1989/04~ ∟ 評議員
10. 1974/04~ 日本鉱物科学会
■ 主要授業科目
地球環境システム論、固体地球環境化学、地球惑星物質循環特論、地球環境科学総論、化学、地学Ⅰ、地圏環境学特論、地球環境科学総合講義Ⅰ(環境汚染特論A)