(最終更新日:2018-08-22 23:17:01)
  タカハシ カズヒサ   KAZUHISA TAKAHASHI
  高橋 和久
   所属   文学部 文学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
英米・英語圏文学 (キーワード:英文学、物語論、周縁性) 
■ 論文
1. 論文  イギリス小説についての若干の妄想 (単著) 2017/10
2. 論文  何かを棚上げして読むオースティン (単著) 2008/06
3. 論文  恋する老人は学び続けるか (単著) 2008/02
4. 論文  羊飼いの手紙 (単著) 2007/08
5. 論文  英文学のとまどい (単著) 2001/04
6. 論文  フォークナーとモダニズム文学―フォークナー、ジョイス、ウルフ (単著) 2000/04
■ 著書・その他
1. 著書  引退へのいざない―ラーキンの「草を食んで」に寄せて (共著) 2017/03
2. 著書  十九世紀「英国」小説の展開 (共著) 2014/06
3. 著書  文学理論講義 : 新しいスタンダード (単著) 2014/04
4. 著書  一九八四年 (単著) 2009/07
5. その他 面倒な話、たいていは――アラスター・グレイ『ラナーク』を面白く読むための覚書 (共著) 2008/05
6. 著書  キプリング・インド傑作選 (共著) 2008/03
7. 著書  哀れなるものたち (単著) 2008/01
8. 著書  プラハ都市の肖像 (共著) 2006/04
9. 著書  二十一の短篇 (共著) 2005/06
10. その他 『アムブローズ館夜話』研究 (単著) 2005/03
全件表示(25件)
■ 学会発表
1. 2017/09 ヴィクトリア朝小説の/を覗き見(日本ギャスケル協会第29回大会)
2. 2014/12 過去とどう付き合うか――20世紀英国小説つまみ食い(神戸市外国語大学英米学会)
3. 2013/12 英文学から何を学ぶか――『荒涼館』を一例に(早稲田大学英文学会、英語英文学会合同大会)
4. 2013/11 テクストを自由に読む――『1984年』を例に(和洋女子大学大学院人文科学研究科講演会)
5. 2012/10 英文学を学ぶ/教えること――ハーディを経由した詩人を経由して(第55回日本ハーディ協会全国大会)
6. 2008/10 Is This a Painful Case?: A Case Study in Practical Criticism(BK21program)
7. 2008/10 Some Remarks on the English Literary History(BK21program)
8. 2008/03 アラスター・グレイをめぐって(中京大学文学研究科学術講演会)
9. 2007/10 『アムブロウズ亭夜話』をめぐって(イギリス・ロマン派学会第33回大会)
10. 2007/10 英文学史について(日本英文学会中国四国支部第60回大会)
全件表示(11件)
■ 社会における活動
1. 2017/04~2018/03 第3回JLPP翻訳コンクール審査委員
2. 2015/04~2016/03 第2回JLPP翻訳コンクール審査委員
3. 2013/04~2015/03 東京大学生活協同組合理事長
4. 2013/04~2015/03 日本学術振興会科学研究費審査第三部会人文学小委員会委員
5. 2011/09~2012/04 第1回JLPP翻訳コンクール審査委員
6. 2009/10~2010/06 文部科学省中央教育審議会大学院部会人社系ワーキンググループ委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2017/04~2020/03  20世紀英国小説の展開 基盤研究(C) 
2. 2011/04~2016/03  トランスアトランティックな視座からの「アメリカ文学」概念の成立と変容 基盤研究(B) 
3. 2011/04~2015/03  英文学教育の理念・目的および方法に関する体系的研究 基盤研究(B) 
4. 2007/04~2011/03  18~19世紀の英米文化交流の実証的研究 基盤研究(B) 
5. 2005/04~2008/03  文学創造の現場と文学史 基盤研究(B) 
6. 2002/04~2005/03  『アムブローズ館夜話』研究 基盤研究(C) 
■ 学歴・取得学位
1. 1973/04~1976/03 東京大学大学院 人文科学研究科 英語英文学専門課程 修士課程修了 修士(文学)
2. 1969/04~1973/03 京都大学 文学部 英語学英文学科 卒業 学士(文学)
■ 所属学会
1. 1976/04~ 日本英文学会
2. 1985/05~1987/05 ∟ 日本英文学会大会準備委員
3. 1989/04~1992/03 ∟ 日本英文学会『英文学研究』編集委員
4. 1992/04~1994/03 ∟ 日本英文学会事務局長
5. 1994/04~1998/03 ∟ 日本英文学会『英文学研究』編集委員
6. 1999/04~2007/03 ∟ 日本英文学会理事
7. 2001/04~2007/03 ∟ 日本英文学会会長
■ 主要授業科目
英語文学概論1