(最終更新日:2017-04-18 21:31:43)
  ウメザワ ケイイチ   KEIICHI UMEZAWA
  梅澤 啓一
   所属   社会福祉学部 子ども教育福祉学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
美学・芸術諸学, 社会福祉学, 教育学, 教科教育学 (キーワード:美学・芸術学、美術教科学、教育学、感性福祉学) 
■ 論文
1. 論文  ゴヤにおける成人期以降の感性生涯発達過程 (単著) 2017/02
2. 論文  ミケランジェロにおける成人期以降の感性生涯発達過程(1) (単著) 2016/03
3. 論文  ミケランジェロにおける成人期以降の感性生涯発達過程(2) (単著) 2016/03
4. 論文  三岸節子における成人期以降の感性生涯発達過程 (単著) 2016/02
5. 論文  ムンクにおける成人期以降の感性生涯発達過程(1) (単著) 2015/03
6. 論文  ムンクにおける成人期以降の感性生涯発達過程(2) (単著) 2015/03
7. 論文  北斎における成人期以降の感性生涯発達過程(1) (単著) 2015/03
8. 論文  北斎における成人期以降の感性生涯発達過程(2) (単著) 2015/03
9. 論文  成人期以降の造形表現活動を媒介とした感性発達過程とそのメカニズム⎯パブロ・ピカソを例にとって⎯ (単著) 2013/03
10. 論文  「身体感性教育」論構築に向けて (単著) 2012/03
全件表示(51件)
■ 著書・その他
1. 著書  西洋美術101鑑賞ガイドブック (共著) 2008
2. 著書  造形表現指導法 (共著) 2008
3. 著書  日本美術101鑑賞ガイドブック (共著) 2008
4. 著書  鑑賞101選(西洋編)鑑賞101選(日本・東洋編)冊子及びCD-ROM (共著) 2007/03
5. 著書  子どもと教師でつくる教育課程試案 (共著) 2007
6. 著書  乳幼児の造形教材集─感性の発達にあった表現活動─ (単著) 2007
7. 著書  平成の大合併と地域社会の再編・活性化 (共著) 2007
8. 著書  感性と造形表現―その発達のメカニズム (単著) 2003/10
9. 著書  図工科ヒット教材集 第4巻 (共著) 1996
10. 著書  幼児の発達と造形活動-つくってあそぶ- (共著) 1986
全件表示(27件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1.   感性発達のメカニズム研究 個人研究 (キーワード:感性,発達,造形表現)
2.   感性福祉論 感性発達のメカニズム 人間福祉 造形表現活動の発達 芸術と福祉 個人研究 
3.   感性福祉論 生涯感性発達論 鑑賞教育  
4. 2007~  美術文化のアイデンティティと美術教育のあり方に関する研究 基盤研究(C) 
5. 2007~2009  美術文化のアイデンティティと美術教育のあり方に関する研究 個人研究 
■ 学歴・取得学位
1. 大阪大学 文学部 卒業 文学士
2. 京都大学大学院 教育学研究科博士後期課程 教育学 博士課程単位取得満期退学 教育学修士
3. 2005/06
(学位取得)
大阪大学 博士(文学)
■ 所属学会
1. 日本美術教育学会
2. 1997/04~2014/03 ∟ 委員
3. アート・ミート・ケア学会
4. アジア芸術学会
5. 大学美術教育学会
6. 日本感性福祉学会
7. 日本社会福祉学会
8. 美学会
■ 主要授業科目
感性福祉論 図画工作