(最終更新日:2017-01-26 15:05:14)
  コミヤ ノブオ   NOBUO KOMIYA
  小宮 信夫
   所属   文学部 社会学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
犯罪社会学, 社会学 (キーワード:犯罪社会学) 
■ 論文
1. 論文  なぜ統計を身近な防犯に生かそうとしないのか (単著) 2016/07
2. 論文  子どもの犯罪行為の背景と課題 (単著) 2015/06
3. 論文  自治体は地域安全のために何をすべきか ――防犯意識から防犯知識へ (単著) 2014/12
4. 論文  草食動物と孫子から防犯術を学ぶ (単著) 2014/03
5. 論文  防犯まちづくりの理論と手法 (単著) 2014
6. 論文  犯罪リスクをどう軽減するか : 自治体が演じるべき役割 (単著) 2013/03
7. 論文  地域の社会教育・生涯学習における安全(防犯)を考える (単著) 2012/08
8. 論文  知っておきたいあなたを守る災害時の防犯対策 (単著) 2012/05
9. 論文  地域を基盤とする犯罪抑止 : 犯罪機会論と地域安全マップ (単著) 2012/04
10. 論文  地域を基盤とする犯罪抑止 : 犯罪機会論と地域安全マップ (単著) 2012
全件表示(73件)
■ 著書・その他
1. 著書  Risk, Protection, Provision and Policy (共著) 2016/08
2. 著書  子どもは「この場所」で襲われる (単著) 2015/12
3. 著書  なぜ「あの場所」は犯罪を引き寄せるのか ― 見てすぐわかる犯罪地図 (単著) 2015/06
4. 著書  犯罪に強いまちづくりの理論と実践 -正しい地域安全マップづくりと振り込め詐欺・空き巣防止 増補版 (単著) 2015/04
5. 著書  犯罪は予測できる (単著) 2013/09
6. 著書  リアリティと応答の社会学 - 犯罪・逸脱とケア (共著) 2013/05
7. 著書  地域安全マップ作製マニュアル 4訂版 (単著) 2012
8. 著書  わかりやすい犯罪心理学 (共著) 2010/09
9. 著書  安全・安心の環境づくり -地域で守る・自分で守る (共著) 2008/09
10. 著書  犯人目線に立て! -危険予測のノウハウ (単著) 2007/12
全件表示(30件)
■ 学会発表
1. 1999/10 犯罪社会学のパラダイム・シフトと犯罪防止NPO(日本社会学会)
2. 1999/03 NPOと犯罪防止(日本NPO学会)
3. 1996/10 英国における外国人受刑者とエスニック問題(日本犯罪社会学会)
■ 受賞学術賞
1. 2007/03 立正大学蘊奥褒章
2. 2006/10 東京都功労者
■ 社会における活動
1. 2012 毎日新聞事務局「だいじょうぶキャンペーン」
2. 2010 千葉県「ちばっ子地域安全マップ事業推進アドバイザー」
3. 2010 大阪市北区「地域安全政策アドバイザー」
4. 2009 藤沢市「安全・安心まちづくりアドバイザー」
5. 2008 宮城県「みやぎ安全・安心まちづくり推進アドバイザー」
6. 2008 内閣府「情報誌青少年編集委員会」アドバイザー
7. 2007 群馬県「生活安全教育アドバイザー」
8. 2007 墨田区「地域防犯リーダー養成講座」総合アドバイザー
9. 2006 広島県「子どもの安全な環境づくりアドバイザー
10. 2006 渋谷区「防犯リーダー実践塾」塾長
全件表示(14件)
■ 講師・講演
1. 2014/07 立正大学淞南高校生徒の防犯
2. 2012 東京都主催「地域安全マップ専科」
3. 2010/05 高校生と作る「地域安全マップ」(出雲西高校)
4. 2010/04 犯罪機会論(警察大学校)(警察大学校)
5. 2010/04 「ちばっ子地域安全マップ」作成推進拠点校担当者会議(千葉県)
6. 2009/12 島根県犯罪のない安全で安心なまちづくり推進県民大会(島根県立大学)
7. 2009/07 だいじょうぶシンポジウム in Osaka ~こえ、かけあおう~
8. 2009/07 地域安全マップ指導者養成講習会
9. 2009/06 「地域安全マップ」作り方講習会
10. 2009 犯罪機会論
全件表示(14件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2009/03  安全および予防をめぐる公法理論と政策論 不明 
2. 2001  インターネットと非行についての調査研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2000/04~2004/03  新しい紛争処理形態についての実証的研究 基盤研究(A) 
4. 2000/04~2003/03  被害者・家族等の参加による少年の再非行防止に関する実証的研究 基盤研究(C) 
■ 学歴・取得学位
1. 2003/03/20
(学位取得)
中央大学大学院 博士(社会学)
2. 1993/10~1994/07 ケンブリッジ大学大学院 犯罪学研究科 修士課程修了 犯罪学修士(M.Phil.)
3. 1991/04~1993/03 横浜国立大学大学院 国際経済法学研究科 修士課程修了 修士(国際経済法学)
■ 所属学会
1. 1998/06 警察政策学会
2. 2009/06~ ∟ 理事
3. 1997/07 日本犯罪心理学
4. 1997/04 日本社会学会
5. 1996/05 日本社会病理学会
6. 1995/06 日本犯罪社会学会
7. 1993/10~2011/12 イギリス犯罪学会会員
■ 主要授業科目
犯罪社会学