(最終更新日:2018-07-26 12:36:29)
  ミヤザキ アキラ   AKIRA MIYAZAKI
  宮﨑 昭
   所属   心理学部 臨床心理学科
   職種   特任教授
■ 現在の専門分野
Clinical Psychology, Special Education, Educational Psychology (キーワード:臨床心理, 動作法, カウンセリング, Social-Emotional Learning, マインドフルネス, 発達障害, 虐待) 
■ 論文
1. 論文  研究するときに最低限知っておきたい研究倫理 (単著) 2017/09
2. 論文  肢体不自由教育と自立活動 (単著) 2017
3. 論文  これからの家族のかたちと地域のかたち (単著) 2016/08
4. 論文  障害児者の性と性教育 (単著) 2016/08
5. 論文  自閉症児に関するアセスメントの研究(2)-情動のかかわり評価尺度子ども用(仮)の作成に関する予備的研究 (共著) 2014/03
6. 論文  自閉症児に対するソーシャルスキルトレーニングの効果-トラブル時の情動調整に改善が見られた事例- (共著) 2014/03
7. 論文  発達障害児の不安に対する認知行動療法-ファンフレンズプログラムと養育者コンサルテーションの効果- (単著) 2014/03
8. 論文  発達障害児を対象とした心理教育プログラムの一考察-CBCL/4-18における特徴と効果に焦点を当てて- (共著) 2009/03
9. 論文  短期SST合宿プログラムの作成・実施に関する一考察-思春期の発達障害児を対象として- (共著) 2008/03
■ 著書・その他
1. 著書  やわらかアカデミズム・(わかる)シリーズ よくわかる肢体不自由教育 (共著) 2015/04
2. 著書  事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談(小学校編) (共著) 2014/04
3. 著書  事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談(中学・高等学校編) (共著) 2014/04
4. 著書  ICF及びICF-CYの活用 試みから実践へー特別支援教育を中心にー (共著) 2007/09
5. 著書  キレない子どもを育てるセカンドステップ (共著) 2006/04
6. 著書  動作法ハンドブック・応用編ー行動問題、心の健康、スポーツへの技法適用 (共著) 2003/05
7. 著書  動作法ハンドブック(基礎編)初心者のための技法入門<改訂版> (共著) 2003/05
8. 著書  障害者のための絵でわかる動作法ーはじめの一歩ー (共著) 1998/10
9. 著書  HIV/AIDSカウンセリングの実際 (共著) 1994/09
10. その他 A social and emotional learning (SEL) program for abused youth (単著) 2017/07
全件表示(19件)
■ 社会における活動
1. 2016/05~2018/05 一般社団法人日本心理臨床学会 副理事長
2. 2015/05~ 日本臨床心理士会 監事
3. 2014/05~2018/05 山形県臨床心理士会 会長
4. 1996/04~1997/03 文部省「特殊教育の改善充実に関する調査研究協力者会議」委員
5. 1995/04~1997/03 厚生省研究班「HIV感染者/エイズ患者の直接的支援に関する研究」班員
■ 学歴・取得学位
1. 1975/04~1978/03 東京学芸大学 教育学研究科 学校教育専攻 修士課程修了 教育学修士
2. 1971/04~1975/03 東京教育大学 教育学部 芸術学科 卒業 芸術学士
■ 所属学会
1. 2016/08~ American Psychological Association
2. 2014/01~ International School Psychology Association
3. 2010/04~ 日本認知・行動療法学会
4. 1986/02~ 日本リハビリテイション心理学会
5. 1985/05~ 日本心理学会
6. 1984/12~ 日本心理臨床学会
7. 1983/08~ 日本家族心理学会
8. 1983/06~ 日本特殊教育学会
9. 1977/09~ 日本カウンセリング学会
■ 主要授業科目
行動と心理臨床