(最終更新日:2018-12-18 06:02:37)
  コマ オサム   OSAMU KOMA
  児馬 修
   所属   文学部 文学科
   職種   教授
■ 現在の専門分野
英語学, 言語学 (キーワード:歴史言語学、史的統語論) 
■ 論文
1. 論文  英語史概観 (単著) 2018/03
2. 論文  後期中英語における-ableの生産性 (単著) 2018/03
3. 論文  派生接辞の生産性 : -ableの歴史 (単著) 2015/03
4. 論文  Anglicization of -able and Its Idiosyncrasies (単著) 2014/05
5. 論文  派生接辞 –ableの史的発達の特異性 (単著) 2013/03
6. 論文  英語学・言語学的視点から見た英語史研究 (単著) 2012
7. 論文  早分かり 英語の歴史と種類 (単著) 2004/01
8. 論文  "Embraced Negative Object Constructions in the Paston Letters" (単著) 2003/12
9. 論文  "Verbal Gerund and Its Historical Development in English" (単著) 1998/07
10. 論文  "That-Trace Effects and the 15th-century English" (単著) 1997/07
全件表示(20件)
■ 著書・その他
1. 著書  歴史言語学 (共著) 2018/03
2. 著書  ファンダメンタル英語史 改訂版 (単著) 2018/01
3. 著書  変化する英語 (共著) 2003/07
4. 著書  言語研究入門 (共著) 2002/04
5. 著書  ファンダメンタル英語史 (単著) 1996/11
6. 著書  英語の歴史 (共著) 1995/05
7. 著書  Synchronic and Diachronic Approaches to Language (共著) 1994/02
8. 著書  現代英語学の諸相 (共著) 1991/07
9. 著書  歴史的にさぐる現代の英文法 (共著) 1990/05
10. その他 Japanese Pioneers contributing to medieval English language and literature studies: Vitae, achievements and evaluation (Special project to commemorate the 30th anniversary of the Japan Society for Medieval English Studies) : UKAJI, Masatomo (単著) 2015/05
全件表示(15件)
■ 学会発表
1. 2013/07/06 HTOEDを用いた英語史研究: 派生接辞-ableの史的発達における特異性(近代英語協会第30回大会)
■ 社会における活動
1. 2013/01 出張講義 埼玉県狭山青陵高校
■ 講師・講演
1. 2016/12 Naturalization of -able and Its Idiosyncrasies(筑波大学東京キャンパス文京校舎)
2. 2016/11 Anglicization of -able and Its Idiosyncrasies(University of International Business and Economics (UIBE), Peking)
3. 2016/11 Anglicization of -able and Its Idiosyncrasies(Peking University, The Department of English Language and Literature)
4. 2016/07 外来接辞の母語化―― -able の場合(津田塾大学 津田梅子記念館)
5. 2014/04 派生接辞の生産性: -ableの歴史(名古屋大学文学部棟)
6. 2013/10 英語史入門(西新宿三井ビル16F)
7. 2012/09 史的言語学(西新宿三井ビル16F)
8. 2012/04 英語の史的研究の面白さ(西新宿三井ビル16F)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~2019/03  動詞から派生される-able形容詞に関する史的研究 基盤研究(C) 
2. 2014/04~2015/03  派生接辞-ableの史的発達に関する研究 その他の補助金・助成金 
3. 1998/04~2000/03  古英語における派生名詞の記述的研究 基盤研究(C) 
4. 1988/04~1989/03  ライル書簡集の統語論研究 奨励研究 (A) 
5. 1987/04~1988/03  後期中英語における動名詞構造の発達 奨励研究(A) 
6. 1986/04~1987/03  パストン家書簡集の統語論研究 奨励研究(A) 
7. 1985/04~1987/03  言語習得理論にもとづく英文法総合研究 総合研究(A) 
8. 1985/04~1986/03  統語変化における類推と構造的曖昧 奨励研究(A) 
9. 1983/04~1984/03  史的統語論における文法の核と周辺 奨励研究(A) 
10. 1982/04~1983/03  主部を伴う準動詞構造の史的研究 奨励研究(A) 
■ 学歴・取得学位
1. 東京教育大学大学院 文学研究科 英米文学専攻 修士課程修了 文学修士
■ 所属学会
1. 1986/04~ 近代英語協会
2. 1999/04~ ∟ 理事
3. 2013/10~ ∟ 会長
4. 1986/04~ 日本英語学会
5. 1992/04~1994/03 ∟ 事務局長
6. 1997/11~2000/10 ∟ 編集委員
7. 2012/04~2013/03 ∟ 新人賞審査委員
8. 1976/04~2011/03 日本英文学会
9. 2003/04~2005/03 ∟ 編集委員
■ 主要授業科目
英語史・英語学概論・英米文学セミナー・研究指導・英語学研究方法論